のんびり気ままにブログ

日々の出来事やクラシック音楽、写真などの趣味についての気ままなブログです。

9月20日、晴天の東山動植物園【その5】

【その5】惰力で動物園
やっとのことで動物園到着です。
腹ペコ解消のため、460円也のきしめんを食べます。この名古屋名物、本来は鰹節、ほうれん草、油揚げが入っているのが普通なのですが、ここでは鰹節とねぎだけでした。

お腹の充電完了ということでまずは上空を飛び去る自衛隊機を撮影。300mmでこれだけ写りました。やはりレンズ周辺に行くにしたがって光量が減少し暗くなっています。普段は気づきませんでしたが、思わぬ発見でした。
20060926224649.jpg


■夕日に染まる鳥
鋭く見開いた目が檻の外への強烈な意志を感じさせます。
20060926224717.jpg

■ラベンダーとキリン
ホワイトバランスが日光になっていたので、紫っぽくなってしまいました。
20060926224728.jpg

■貫禄を見せ付けるラクダ
柵から頭だけをせり出し、手で触れるぐらいの位置にいました。
この貫禄と静かな威圧感はさすがラクダ様。
20060926224738.jpg

■もう閉園時間間近
「今日も終わった。うるさい客の相手も疲れるなぁ〜。」
だからといって手を抜かないでください。でもさすがにあの直射日光に参ってしまったのでしょうか?
20060926224747.jpg

シマウマさんも夕日に照らされのんびりご飯。私が行ったときは一頭が寄ってきてくれたのだが、しばらく見つめ合った後行ってしまいました。なにが伝えたかったのでしょうか?
20060926224757.jpg

■ペンギンの陣地に堂々と居座る鷺
そこ、ペンギン様の陣地ですよ!相変わらずひょうきんな顔でしかも片足立ち。来園者も大喜びでした。
20060926224810.jpg

鷺を一斉に批判するペンギン島住民たち。いや、これは私が勝手に付けたコメントで、実際には批判することもなく、共存(互いに相手にしていなかった)していました。
20060926224822.jpg


やっぱり長丁場に疲れてしまっていたのでいい写真は撮れませんでした。惰性じゃだめですね。
ペンギンを見ているとき閉園時間のアナウンスが入り、動物園を後にしました。
地下鉄の一日乗車券を買っていたので、このまま家に帰るもの勿体無い気がしました。

[本日の朝刊一面]
下記事に同じ
  1. 2006/09/29(金) 23:39:53|
  2. 日記|
  3. トラックバック:1|
  4. コメント:2

9月20日、晴天の東山動植物園【その4】

【その4】意外と長い!動物園への道
というわけでようやく「お花畑」を後にしたのですが、ここからが結構長い!
巨大な燈籠を横目に中国産植物園林を抜けます。
ここには立派な中国式の建物もありますが、望遠レンズでは到底撮れませんでした。

そういえばツクツクボウシが真っ盛りのように力強く鳴いていました。真っ盛りは終わり街中ではすっかり聞こえませんが、さすがは植物園の森です!


さて、ようやく見えてきた温室と噴水・・・・・・。しかし、実はこの先、橋を渡りアメリカ植物見本園を抜け、バラ園を抜け、子ども動物園の方向まで行かねば動物園には辿り着けません。

そうとは知らず、昼食も摂らぬまま人工物を入れた撮影に入りました。
------
■背景に噴水のモニュメントを入れてラン(?)を撮影
植物と人工物の対比に惹かれました。
そういえば快晴の空だったのにうっかりしていて、青空を入れた写真をあまり撮っていませんでした。これも貴重な一枚です。
20060924230031.jpg

■木陰から撮るススキ
ススキが黄金に輝いていました。
20060924230120.jpg

■神秘的な輝きを見せる植物
何とも言えない美しい紫色の植物ですが、木陰にあったせいで神秘的な世界が出来ていました。月光に照らされる森の草花のようです。
20060924230138.jpg

------
さて、この後は池の睡蓮の撮影に行きましたが、昼過ぎの強い光線条件のせいできれいに写りませんでした。
あ〜っ、もう持参していたお茶(水分)もすっかり尽きておなかも空いてもう限界!?日も少し落ちてきたので切り上げです。

食べ物を求め、動物園へ急ぎます。

【その5】へ続く

[本日の朝刊一面]
岐阜県裏金4421人処分
4人は懲戒免職 職員の過半数知事給与半減1年
  1. 2006/09/29(金) 08:40:26|
  2. 日記|
  3. トラックバック:1|
  4. コメント:2

9月20日、晴天の東山動植物園【その3】

【その3】「お花畑」を後にする前に・・・・・・
■道端に咲く一面のコスモス
「75-300mm F4.5-F5.6」の望遠レンズのボケ味はきれいです。しかし、ぼかし過ぎると何が映っているのかわからなくなり何を表現したいのか分からなくなってしまいます。
私は特に意図することがない限り、常に「絞り優先」の開放絞りで撮っていますので絞りの使い方がまだまだ未熟です。
20060924225932.jpg
ISO100、F5.6、1/640秒(焦点距離150mm;35mm換算で225mm相当)

アゲハチョウをアップを捕らえた後、「お花畑」でコスモスに寄ってくる蝶を狙ううちに、予想以上の直射日光に疲れ、木陰へ避難しました。

しかしやはりもう秋の気配が迫っています。避難した木陰は栗の木によるものでした。
まだ少し早いですが、おいしそうな栗が殻から顔を出していました。
20060924225944.jpg

いよいよおなかと体力も尽きてきたので「お花畑」を後にし、動物園へ向かいます。

【その4】へ続く

[本日の朝刊一面]
安倍内閣が発足 論功、側近重視色濃く
麻生外相は続投
  1. 2006/09/27(水) 20:08:19|
  2. 日記|
  3. トラックバック:1|
  4. コメント:2

9月20日、晴天の東山動植物園【その2】

【その2】「お花畑」で花と昆虫を撮る
というわけで、「お花畑」に着いたのですが、もうお昼でした。
おなかも空き始める頃ですが、植物園でお店があるのは温室前のごく一部なので昼食をというわけにもいきません。それ以前に撮影に夢中になって空腹感もありませんでしたが・・・・・・。

望遠レンズを付けていたので「お花畑」の全景は撮れず、紹介できないのが残念ですが、延々と緑が広がっている感じです。
20060924230015.jpg


------
■お花畑から東山スカイタワーを望む
20060924225906.jpg


■歩いているだけでも新たな発見があるくらいの草花天国
20060924225915.jpg

------

でも「お花畑」は花だけではないのです。それを目当てに集まる昆虫たちの楽園でもあります。トンボや蝶などがたくさん飛んでいたので、これを撮らずにはいられません。

偶然、アゲハチョウが前を横切ったので手持ち追いかけて狙います。
ありきたりの構図ですが、AFもバッチリで背景処理も偶然うまくいった一枚です。
α100の手ぶれ補正で安心して望遠が使えます。マクロレンズがなくてもここまで撮れたので感激です。この一枚が撮れただけでも来た甲斐があったというものです。

■ラベンダーの蜜を吸うアゲハチョウ
20060924225922.jpg
ISO100、F5.6、1/500秒(焦点距離210mm;35mm換算で315mm相当)

そこで、他の蝶の写真やもっといい写真を撮りたいと思い、三脚を使って奮闘したのですが、炎天下の消耗戦でやむなく「お花畑」を引き上げざるを得ませんでした。

【その3】へ続く

[本日の朝刊一面]
アコムが高利延長金
地銀提携ローン 違法の疑いも
  1. 2006/09/25(月) 22:56:55|
  2. 日記|
  3. トラックバック:1|
  4. コメント:2

9月20日、晴天の東山動植物園【その1】

【その1】青空の下、合掌造りの家を望む
最近は家族の容体が悪く、心配で出かけられる状態ではありません。やはり人間なんといっても健康第一です。私も健康に感謝して毎日を過ごしたいものです。

さて、先日は18日の台風接近から2日後ということもあり、朝から最高の快晴となりました。週間天気予報ではずっと雨なので出かけずにはいられませんでした。

というわけで前回時間切れでゆっくり見られなかった東山植物園に行きました。
地下鉄「星が丘」駅から歩いて行きます。ここら辺は星が丘、自由が丘、虹が丘など優雅な地名が続きます。名前のみならず実際高級住宅街といった感じです。

私が着いたのは10時ごろでしたが、さすがに写真愛好家の集うところだけあって、すでに大勢の人が三脚を立ててラベンダーや彼岸花の撮影に精を出しておられました。

ここは合掌造りの家があることが有名です。
20060922210036.jpg


20060922210118.jpg


素晴らしい青空だったので、「奥池」の水面には神秘的な鏡の世界が垣間見えました。
20060922210050.jpg


「奥池」には水車があるのですがまるでいい写真は撮れませんでした。「森の水車」という札もあって、ドイツの作曲家アイレンベルクの管弦楽曲「森の水車(Die Mühle im Schwarzwald;黒い森の水車)」を思い出してしまいました。
20060922212903.jpg


カメラマンが多いところは強引に割り込むことができないので、早々に引き上げ、「お花畑」へ向かいました。

■石碑に落ちる森の木洩れ陽
実際にはもっと温かみのある色彩だったのですが、「α100」のデフォルトで撮ると冷たい感じになりました。ホワイトバランスを使いこなさないとだめですね。
20060922210251.jpg

森を歩いていると遠くから中学校か小学校かの運動会の声が・・・・・・。この日は快晴でしたので絶好の運動会日和でした。

【その2】へ続く

[本日の朝刊一面]
国旗国歌強制は違憲 「思想・良心の自由侵害」
都の教員処分禁じる 東京地裁判決
  1. 2006/09/22(金) 21:36:21|
  2. 日記|
  3. トラックバック:1|
  4. コメント:2
次のページ